2.11.78.1, 2018-11-28 22:27:40

今後も様々なイベント、ショップが登場予定。

新虎ヴィレッジコンセプト

Place:105-0003 東京都港区西新橋2-16-6

MEMBERS

Eva De Klerk(NDSM代表)

1965年アムステルダム生まれのイギリス育ち。
プロジェクトブースターであり、「Make your City」の著者。開拓者、文化探究家、施工責任者、開発者など一言では表現できないほどの肩書を持つ。
コミュニティと都市や地域の開発、発展に努力と情熱を注ぎ、多くのプロジェクトに携わっている。
世界中の都市に存在する“放置された場所”(無人化し社会から存在を無視された場所や、ある種の否定的なレッテルを貼られた地区など)を調査し、様々な人々に実態を紹介しアイデアを集結していくという手法で、新しい可能性を見つけ出し社会に提供することに取り組んでいる。

Peter Ernst Coolen

Street Art Todayの創設者兼キュレーター。
キングススプレーストリートアートフェスティバルの主催者。
Pakhuis De Zwijgerとアムステルダム博物館、国立美術館のストリートアート壁画のプロデューサー。
現在、NDSMアムステルダムで世界最大のストリートアートを展示するミュージアムを建設中。 2019年秋にオープンを予定。

Okuda San Miguel

マドリードのComplutense大学にて美術学士号を取得。
1997年に独立後、ストリートでの活動や故郷の廃墟となった工場でのアート作品を製作。
ストリートでの活動と並行して自身のスタジオで製作を始め、2009年から、より”個性”を特徴づけるような作品を生み出していく。
幾何学的構造と色とりどりのプリントは、本質を明確にしたポップシュルレアリスムとして分類することができる芸術的な作品で、人類と自分自身との関係性を表現している。
彼の作品は世界中のストリートやギャラリーで見ることができる。

中川 エリカ

1983年東京都生まれ。
2005年横浜国立大学建設学科建築学コース卒業。
2007年東京藝術大学大学院美術研究家建築設計専攻修了。
2007年~2014年オンデザイン勤務。
2014年~中川エリカ建築設計事務所。
現在、東京藝術大学、横浜国立大学、法政大学、芝浦工業大学、日本大学非常勤講師。
主な作品に「ヨコハマアパートメント*」(2011年度JIA新人賞、第15回ヴェネチアビエンナーレ国際建築展 国別部門特別表彰)、「桃山ハウス」(住宅建築賞 2017 金賞、第34回吉岡賞)、「塔とオノマトペ」(U-35 Architects exhibition 2018 ゴールドメダル、伊東豊雄賞2018)など。

*西田司/オンデザインと共同設計。

OPENING EVENT OPENING EVENT

BORDER SESSIONS

Border Sessions 初めての日本開催が決定!

2011年より一年に一度ハーグ(オランダ第三都市)で開催される
欧州最大規模(最先端)の“社会実験場”として認知されている国際的イベント。
世界の前提を挑発しながら“革新”や“解決策”を生みだしつづける活動家たちが集結し、主にサミット、ラボ、展示会を通してコンセプトには止まらない社会実装を前提としたアウトプットを続けている。

ご好評につき、キャンペーン第2弾!
Border Sessionsに
5名様を特別ご招待

キャンペーン期間
2019.9/18~2019.9/23

10/5(土)、10/6(日)に開催されるオープニングイベント「Border Sessions」
ご好評につきキャンペーン第2弾を開催。
お申し込みいただいた方の中から抽選で5名様を特別料金でご招待いたします。

※10/6(日)開催「Lab for Kids "Mini Future City"」の応募は終了いたしました。

10/5(土)・6(日)開催 Border Sessions

オランダで開催されているBorder Sessionsと同様に「PITCH」「DISPLAY」「SUMMIT」「LAB」の4つで構成。
新虎ヴィレッジでは、10月5日と6日に総勢16名のイノベーターによるピッチと有力なプロダクトや試作品を展示します。

※それぞれ開催日と場所が異なりますのでご注意ください。尚、ご当選者の方は、全てのコンテンツにご参加可能です。
 「PITCH」… 開催日:10月5日 開催場所:新虎ヴィレッジ
 「DISPLAY」… 開催日:10月5日、6日 開催場所:新虎ヴィレッジ
 「SUMMIT」「LAB」… 開催日:10月6日 開催場所:新虎通りCORE 1F
※イベント内容は変更となる可能性があります。詳細と最新情報はイベントWEBサイトで確認ください。

抽選で5名様限定 特別料金でご招待 15,000円 5,000円

イベント概要

開催日:
2019年10月5日・6日 10:00~18:00
場所:
東京都港区西新橋2-16-6 ( MAP )
通常入場料:
15,000円
参加人数:
150名まで

10/6(日)開催 Border Sessions特別企画 Lab for Kids "Mini Future City"

子どもたちが作る未来のファクトリーMFCがBorder Sessionsとコラボレーションし、小学生を中心とした子ども達によるまちづくりワークショップを開催。
新虎通りを中心とした虎ノ門エリアの、新たな街づくりの構想を描いてもらいます。
オリジナルの仮想電子通貨シミュレーションとiPadを使いながら仕事を学びながら、実践的なまちづくりを体感することができます。

参加上限70名のうち、
20名様を特別枠でご招待

イベント概要

開催日:
2019年10月6日 10:00-16:30 (開場 9:30)
場所:
東京都港区西新橋2-16-6 ( MAP )
入場料:
無料
参加人数:
70名まで
対象:
小学校3年生~中学校3年生
終了しました

アート、ロボティック、ゲノム、テクノベート、シティなどをテーマに“世界の先端” を知ることができる。総勢16名のゲスト登壇者による、20分毎のプレゼンテーションライブを実施予定。

登壇者

  •  Pieter Ham (Finch Floating Homes主宰 / 沈まぬ都市 世界一自然災害に強い住宅とは?)
  • Eli Lyons (Tupac.Bio CEO / 歓喜と失望はどこから生まれるのか?)
  • Daniel Maggs (Bisu,Inc. Co-founder & CEO / 身体性と意識の相関デザイン)

※登壇者情報は随時更新されますので、最新情報はイベント公式WEBサイトでチェックしてください。

  • 開催日:10月5日(土)
  • 開催場所:新虎ヴィレッジ

新虎ヴィレッジ内のスペースを活用。PITCH登壇者の有力なプロダクトや試作品の一部の展示、パネルによる作品紹介を予定。

  • 開催日:10月5日(土)・6日(日)
  • 開催場所:新虎ヴィレッジ

ファシリテーター、研究者、有識者、企業、デザイナー、エンジニア、建築家などが中心となって”2030年の生活の当たり前”を具体化していく事を目的に、8つのテーマを研究対象として実施。

  • 開催日:10月6日(日)
  • 開催場所:新虎通りCORE 1F “THE CORE KITCHEN/SPACE”

サミットで議論されたテーマや、参加者同士で作る”欲しい未来”を具現化するプロジェクトチームを発足。新虎ヴィレッジから未来を豊かにする様々な解決策が提案される。ラボの研究成果は、その後新虎ヴィレッジにてデモンストレーション(体験)を実施予定。 

  • 開催日:10月6日(日)
  • 開催場所:新虎通りCORE 1F “THE CORE KITCHEN/SPACE”